2012年07月27日

天神蔵ライブ☆Part4

毎日暑いですね晴れ

あまりの暑さでとろけてしまいそうショック!

水分補給はしっかりとして、熱中症には十分気をつけなくっちゃいけませんねニコニコ


さてさて、7月1日の天神蔵ライブから、あっという間に日にちが過ぎて、

7月も残りわずかです。

途中東京でのライブや、ラジオ出演など、『五十嵐浩晃さん祭』って感じでした花火

何だか天神蔵も遠い昔のような…。

いけませんね、きっちりレポを終わらせなくては!!

(実際のところ、レポと言いつつも、自分のための備忘録にすぎないのですがねニコニコ


休憩をはさんで第2部の始まりです。

2部はフルバンドドラム

まずはCRaNEが、3曲歌いました。

どれも五十嵐さん作曲の歌ばかりです。

私の一番のお気に入りは、

『キスの向こう側』 ラブラブsanaeさんが、イントロをフルート演奏しました。

この曲は、sanaeさんの作詞で、付き合い始めたばかりの女の子の、

すごく素直な感情を歌っている詞だなぁって、思います。

それに、とても歌いやすい。カラオケであったら歌いたいです音譜


特別ゲストで、SBS放送の伊藤さんが登場。

このお話は、静岡エリアならではのお話で、地域外の私にははてなマークという部分が多かったですけど、

五十嵐さんもCRaNEも、いとうさんにはとてもお世話になっていらっしゃる様子でした。

ここで、伊藤さんからのお言葉

『好きなことから先にやるビックリマーク』お〜〜〜!!

すると五十嵐さんから、

『じゃあ好きなものから先に食べるんですねはてなマーク』と素朴な質問。

それには伊藤さん

『いや、好きなものは最後にとっておきます!!

五十嵐さんズッコケていましたガーン


『ある愛の詩』100円ライターでのカラオケネタ。

この100円ライターを、2部が始まるときにポケットに忍ばせ忘れてて、取りに戻ってました。

『メモリーオブサマー』(ライブではめったに歌わない。初!?

『言葉はいらない』を歌って、

バンドメンバーとともに、小ネタ大会〜〜。

『白い風の街で』『明日を信じて』で、2部終了です。

アンコールで、『ペガサスの朝』(CRaNEと一緒に)『シリウス』(まあちゃんのピアノでしっとりと)

もう一度のアンコールで、「立ち上がるとき〜〜〜〜」ていうような歌詞の歌

(ライブ後にタイトルをおたずねしたのですが、教えていただけませんでしたしょぼん

が、たぶんこれが『時』なのかな?と思います。)


あっという間の3時間でした。

その後、少しだけお話もさせていただき、サインもいただきましたラブラブ

名前を聞かれなかったのですが、サインを見ると、『じゃすみん様へ』と書いてあります

うふっラブラブラブラブめっちゃ幸せでしたニコニコラブラブラブラブ


今回のライブにも、大阪や鳥取など、遠くからいらしてる方がいて、

皆さん五十嵐さんのライブを待ち望まれているんだなぁと、感じましたチョキ

鳥取の方は、五十嵐さんのMCに驚かれているようでした目

あのギャップは、初ライブだったら、ほんと驚くでしょうねぇにひひ

ぜひぜひ全国各地でのライブを実現していただきたいです。


posted by じゃすみん at 20:01| 愛知 ☁| Comment(6) | 五十嵐浩晃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。